Moks

「音楽理論」「音楽」、その他興味のあるジャンルについての記事を投稿します! youtubeで弾き語りしてます!→https://www.youtube.com/channel/UCMUJ8Iak5I72u3_6Gn9gMzg?app=desktop  twitterはこちら→https://twitter.com/Moks_folkguitar

音楽理論~音程、度数について~

[注意]素人の独学なので、「こんな考え方もあるのか」と ご参考程度にご覧ください💦

 

こんにちは。今回のブログでは音楽理論を学ぶ上で、大事な「音程」についてご説明できればなと思います。

 

 

「音程」とは?

「音程」とは”2つの音の高さの隔たり(差)、間隔(距離)”のことを言い、”度数”という表記法で表します。

                           

                             ・・・・・・・?

 

なんのこっちゃって話ですよね💦

 

「ド」と「レ」の2つの音を参考に見ていきましょう!下のピアノ鍵盤図をご覧ください。

                  f:id:kareido44:20190711171350p:image

ドの音を基準として、半音(0.5音)高くなるとド#(レ♭)になります。鍵盤が1つ移動すると音は、半音(0.5音)高くなります。

ドの音を基準として、半音高くなるとド#(レ♭)、そしてさらに半音上がると鍵盤が1つ隣に移動するので、の音になります。

なので、ドの音から半音2つ分、音が高くなるとレの音になることがわかります。

(半音2つ(0.5音+0.5音)で全音(1音)になります。)

 

つまり、ドとレの”2つの音の高さの隔たり(差)、間隔(距離)”半音2つ分=全音となります。

そして、この半音2つ分=全音の隔たり(差)、間隔(距離)を”度数”で表すと、長2と表すことができます。

 

なので、「ド」に対する「レ」の音程は長2度となるのです。

「レ」に対する長2度の音程は?っとなったら、

「レ」の音から半音2つ(全音)の間隔にある音、鍵盤を2つ隣に移動した「ミ」の音になります。

 

 

 

 

度数の表記について

また、2つの音の隔たり(差)、間隔(距離)によって度数の表記は変わって行きます。

ある音を基準にして、その基準の音と対象の音ととの隔たり(差)、間隔(距離)が、

 

  • 半音1つ分=短2度

 (「ド」の音が基準の場合「ド#(レ♭)」の音)

 

  • 半音2つ分(全音)=長2度

 (「ド」の音が基準の場合「レ」の音)

 

  • 半音3つ分(全音+半音)=短3度

 (「ド」の音が基準の場合「レ#(ミ♭)」の音)

 

  • 半音4つ分(2全音)=長3度

 (「ド」の音が基準の場合「ミ」の音)

 

  • 半音5つ分(2全音+半音)=完全4度

 (「ド」の音が基準の場合「ファ」の音)

 

  • 半音6つ分(3全音)=減5度

 (「ド」の音が基準の場合「ファ#(ソ♭)」の音)

 

  • 半音7つ分(3全音+半音)=完全5度

 (「ド」の音が基準の場合「ソ」の音)

 

  • 半音8つ分(4全音)=増5度

 (「ド」の音が基準の場合「ソ#(ラ♭)」の音)

 

  • 半音9つ分(4全音+半音)=長6度

 (「ド」の音が基準の場合「ラ」の音)

 

  • 半音10分(5全音)=短7度

 (「ド」の音が基準の場合「ラ#(シ♭)」の音)

 

  • 半音11分(5全音+半音)=長7度

 (「ド」の音が基準の場合「シ」の音)

 

  • 半音12分(6全音)=完全8度

 (「ド」の音が基準の場合「ド(1オクターブ上)」の音)

 

と表記が変わっていきます。

 

「ド」の音を基準にした場合の、各音の度数表記をまとめると、以下の図のように表すことができます。

                  f:id:kareido44:20190714170046p:image

 

完全8度は1オクターブ(半音12分)上の「ド」になります。

また、基準の音となっているドの音は「完全1度」と表すことができます。

  • 半音が0分=完全1度(基準の音)

 

もしも、基準の音が「レ」ならば基準の「レ」の音が完全1度となり、

基準の「レ」の音から半音高い「レ#(ミ♭)」が短2度、

半音2つ分高い「ミ」の音が長2度、

半音3つ分高い「ファ」の音が短3度などなどと、先ほどの「ド」の音を基準にした場合と同じように、1オクターブ高い完全8度の「レ」まで度数で表すことができます。

 

 

 

 

 

まとめ

  • 「音程」とは”2つの音の高さの隔たり(差)、間隔(距離)”のこと。「度数」という表記法で表す。

 

  • 基準の音の高さと対象の音の高さが「どのくらい違っているか」=「半音いくつ分違っているのか」によって度数の表記が違ってくる。

 

 

 

最後に

最近パソコンが不調で、画像などが粗くなってしまいました💦

パソコンが治り次第、随時再編集していきたいと思います。

 

[注意]素人の独学なので、「こんな考え方もあるのか」と ご参考程度にご覧ください💦