-ギター音楽理論-コードについて!コードの意味?コードの仕組み?

コードとは?

みなさん、コードってどういう意味かご存知でしょうか?

おそらくこのサイトを検索してくださった方は、楽器(主にギター)をやっておられる方が大半だと思われます。楽譜などを見て演奏をしている際に、

「コードの押さえ方を覚えたけど、何でこの形で押さえてるの?”C”とか”Cm”とかのアルファベットは何なの?どんな構造なの?」

と疑問に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事はそんなコードについて、私の知りうる限りで簡単にご説明させて頂きたいと思い作成しました。この記事が皆様の音楽活動のお力になれれば幸いでございます。

では早速、説明を始めさせて頂きます。

 

 コードってそもそも何?

コードは英語で[chord]と表し、「和音」という意味になります。和音の意味は、「2つ以上の音の合成音」

つまりコードとは、「2音以上の和音」という意味なのです。

そしてコードはわかりやすいように、アルファベットや数字などのコード・ネームで表すことが出来ます。例えば、”ド・ミ・ソ”の3和音をコード・ネームで表すと”C”と表すことが出来ます。(なぜ”ド・ミ・ソ”が”C”で表されるのかは後ほどご説明させて頂きます。)

コード・ネームは基本、3音以上の和音を表す際に用いられます。

つまりCコードとは、「ド・ミ・ソの3音の和音がコード・ネームで表されたもの。」なのです。

 

 

コードの種類

コードってたくさんありますよね。おなじみのCコード、Dコード、複雑なC dimコードなどなど、、、💦そんなコードは大雑把に3和音(トライアド)・4和音(テトラッド)の2種類に分けることが出来ます。

3和音(トライアド)とは、その名の通り「3音で構成される和音」のことを言います。

3和音コードの有名どころと言えば、長3和音(メジャー・コード)と短3和音(マイナー・コード)があります。長(メジャー)は「明るい」、短(マイナー)は「暗い」と簡単に考えてもらえれば大丈夫です。長3和音(メジャー・コード)にはCコード、Dコード、Eコード、などなど楽譜上で”C”、”D”、”E”、などと表示されてる、基本的なコードなどがあります。

短3和音(マイナー・コード)にはCmコード、Dmコード、Emコード、など楽譜上では”Cm”、”Dm”、”Em”、と表示されてるコードがあります。

4和音(テトラッド)も名前の通り「4音で構成される和音」のことを言います。

4和音コードは押さえるのも少し難しい、Cm7コード、Dm7コード、Em7コード、など楽譜上で”Cm7”、”Dm7”Dm7、”Em7”、などと表示されてるコードなどがあります。

他にも”C6”、”C7”、など多く存在します。

 

 

コードの仕組みとコード・ネーム

今回はCコードを例に説明していきたいと思います。まずCコードの構成音って皆さんわかりますか?Cコードの構成音は”ド・ミ・ソ”の3音になります。ということはコードの種類で言うと3和音(トライアド)に分類されますよね。

そして、その3和音の中でも長3和音(メジャー・コード)というコードに分類されます。

長3和音とは、”完全1度、長3度、完全5度の音の3音”で構成された和音のことを言います。(完全1度などについては下記リンクの記事にて説明させて頂いてますので、よろしければご参考ください。)

www.kareido44.com

 

Cコードで言いますと、完全1度がド、長3度がミ、完全5度がソの音になりますね。完全1度の音はルート音とも呼ばれ、コードを構成する際に大変重要な基礎の音となっています。そして、和音をコード・ネームで表す際のアルファベットがこのルート音になっています。Cコードですとド(ルファベットで”C”)がルート音となっているので、楽譜上で”C”と表されています。

 

Cmコードは、短3和音(マイナー・コード)という”完全1度(ルート音)、短3度、完全5度”の3音で構成された3和音コードに分類されます。完全1度がド、短3度がミ♭、完全5度がソの音になります。先ほどのCコードとは構成音が少し違いますよね!なので短3和音をコード・ネームで表す際には、ルート音である”C”の他に”m”をつけるのです!この”m”短3度をコード・ネームで表したものになります。なので、短3和音をコード・ネームで表す際には、ルート音である”C”と、短3度を示す”m”を組み合わせた”Cm”という表記になるのです。

そこで一つの疑問が生じると思います。「あれ、さっきのCコードの長3度はコード・ネームで表さないの?」と。

長3度はコード・ネームで表すときに基本的に省略しています。なので長3和音をコード・ネームで表す際は、ルート音のアルファベット表記のみで大丈夫です。

 

そして、世にある数多くあるコードは長3和音コードの構成音が変化したコードとなります。長3和音が基礎となり、多くのコードが生まれているのです。

先ほどの”Cm”コード(短3和音)は、”C”コード(長3和音)の構成音である長3度(ミ)が”半音さがり、短3度(ミ♭)に変化したことで出来るコードです。

例えば”Cm7”コードは”Cm”コードに短7度(B♭)の音が加わっただけです。つまり”C”コードの長3度を半音下げ、短7度の音を加えれば”Cm7”コードになるのです。ちなみに短7度はコード・ネームであらわすと”7”になります。

コードの仕組みとコード・ネームの意味が分かると多くのコードが簡単に覚えれるようになるので、ぜひこれを機会に調べてみてください!

 

またの機会に、コード・ネームの表記一覧などを記事に出来たらなと思います。

 

 

最後に!

最後まで記事をご覧頂いきありがとうございました💦

この記事が皆様のお力になれたら幸いでございます。