スケールの種類!メジャーやマイナー!

世の中にはたくさんのスケールがある

以前、書かせて頂いたこちらの記事でスケールについて簡単にお話させて頂きました。

www.kareido44.com

 

世の中には、たくさんの種類のスケールが存在し、それぞれに違った音の並びの規則があります。

今日は、そんなたくさんのスケールの中から比較的有名なスケールを数種類、ご紹介させて頂こうと思います。

 

 

 

ナチュラル・メジャー・スケールとナチュラル・マイナー・スケール

楽器をやったことある人は知ってる方が多いかもしれませんが、スケールで有名どころと言えばこの二つになると思います。

教本とかだとナチュラルは省略されているケースが多いかもしれません。なお、今回の記事では省略させて表記させて頂こうと思います。

まずメジャー・スケールについてです。メジャー・スケールの音の並びは、1度の音(ルート音)から”全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音”となっています。

”ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド”なんかは、ドが1度の音となっているCメジャー・スケールとなっています。レ(D)の音が1度となって”全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音”と音が並んでいる場合はDメジャー・スケールとなります。

次にマイナー・スケールについてです。マイナー・スケールの音の並びは、1度の音(ルート音)から”全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音”となっています。

ドを1度の音とすると、”ド・レ・レ#・ファ・ソ・ソ#・ラ#・ド”となります。これはCマイナー・スケールとなります。レ(D)の音が1度となって”全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音”と音が並んでいる場合はDマイナー・スケールとなります。

メジャー・スケールとマイナー・スケールともに、ド(C)~シ(B)の12音階をルート音とした12種類存在します。今後のブログでスケール一覧表などをお載せ出来たらなと思っております。

↓スケール一覧表作りました!

www.kareido44.com

 

 

 

マイナー・スケールの派生!ハーモニック・マイナー・スケールとメロディック・マイナー・スケール!

こちらは、マイナー・スケールから派生された2種類のスケールになります。

 

ハーモニック・マイナー・スケールはマイナー・スケールの7度の音が半音上がったスケールになります。

例えばCマイナー・スケールが、”ド・レ・レ#・ファ・ソ・ソ#・ラ#・ド”なのに対して、Cハーモニック・マイナー・スケールは、”ド・レ・レ#・ファ・ソ・ソ#・・ド”の構成音になります。

Cマイナー・スケールの7度目の音、ラ#の音が半音上がっての音になってます。

 

メロディック・マイナー・スケールはマイナー・スケールの6度、7度の音が半音上がったスケールになります。例えばCマイナー・スケールが、”ド・レ・レ#・ファ・ソ・ソ#ラ#・ド”なのに対して、Cメロディック・マイナー・スケールは、”ド・レ・レ#・ファ・ソ・・ド”の構成音になります。

Cマイナー・スケールの6度目の音、ソ#の音が半音上がっての音。7度目の音、ラ#の音が半音上がっての音になっています。

また、ハーモニック・マイナー・スケールとメロディック・マイナー・スケールも同様に、ド(C)~シ(B)の12音階をルート音とした12種類存在します。こちらに関しましても、今後のブログでスケール一覧表などをお載せ出来たらなと思っております。

↓スケール一覧表作りました!

www.kareido44.com

 

また、本記事で紹介した4種類のスケールはスケールの勉強において基本のスケールとなっているので、覚えておいて損はないです!

 

最後に!

毎回、簡単な説明のみですみません💦

今、音楽理論を勉強しており、学んだことを整理したいと思い音楽理論について記事にしているのですが、やはり専門知識が乏しいため、見て下さった方のお役に立てているかが心配です、、、。

簡単な内容になるとは思うのですが、今後も音楽理論の記事を掲載していきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いします。

このような記事を最後までご覧いただきありがとうございました💦