まるで授業を受けてるかのよう!?初心者・独学に超おすすめ!!ギター音楽理論教本!

おススメのギター音楽理論教本!

ギター音楽理論を独学で理解するのって難しいですよね。

「何から勉強したらいいの?」

「専門用語ばっかでわからないよ💦」

など色々ありますよね。かく言う私も独学でギター音楽理論を勉強しているのですが、最初の頃は何もかもが分からなく、理解もできず時間を無駄に過ごしてました。

しかし、あるギター音楽理論教本を買って勉強したところ、その問題はすぐに解決されました!

「そんな一冊で変わる?結局は自分次第でしょ?教本なんてどれも同じでしょ?」

と思われた方もいらっしゃると思います。

しかし、このギター音楽理論教本は違います!流れるように頭に内容が入り、何よりかなり読みやすいのです!

それでは紹介させて頂きます、そのギター音楽理論教本とはこちら!

 

 

 「-最後まで読み通せる-音楽理論の教本」 著・宮脇俊郎

↓クリックするとAmazonさんのサイトへ移動します。

 

なぜ、こちらの教本が「流れるように頭に内容が入り、何よりかなり読みやすい」のか、その理由はこの教本の特徴にあります!

それは、教本の内容が著者である宮脇俊郎さん実際に生徒さんに行ったレッスンの会話を原稿に起こしたものが主体となっているからなのです!

簡単に言ってしまえば、本で授業を受けれるのです。

もちろんレッスンの会話を原稿に起こしているので、生徒さんのリアルな質問も記載されています!なので、読者さんとしては疑問を解決しやすいのではないかというのも特徴です!

また、教本の随所で「~ってこういう音だよね」「~するとこんな音になります」などの宮脇俊郎さんによる演奏場面があるのですが、そちらの演奏場面の音は教本に付属しているCDに収録されているので安心です!

本書の題名と通り、最後まで飽きずに、まるで授業を受けているかのようにギター音楽理論を学べるので、本当におススメの一冊です!

 

 

最後に!

最後まで記事をお読みいただき誠にありがとうございました💦

今回は、過去の私と同じ悩みを持っている方や、音楽理論を勉強し始めた方に、こちらのギター音楽理論教本知ってほしくて記事にさせて頂きました!

まだ、紹介させて頂きたい教本がありますので、今後記事にさせて頂きたいと思います!